エントリー

2015年10月の記事は以下のとおりです。

八大力さん

  • 2015/10/15

境内北側の久志塚(櫛塚)の西側に鎮座されております「八大力尊社」。

そのお社は長年の風雨により木部は損朽し、また樹木の根により三和土(たたき)が隆起し、建物自体が傾いておりました。

本年春より、お建て替え事業を進め、工事に先立ち2月27日「仮殿遷座祭」を斎行し、先月下旬の竣工を受け、去る10月10日、当宮の例祭日に合わせて、大神様に新しい御社殿にお戻りいただく「正遷座祭」を御斎行申し上げました。

 

当地には明治時代まで大覚寺が御兼帯になった安井門跡「蓮華光院」がありました。

明治4年(1871)、蓮華光院は大覚寺に合併されて廃寺となり、鎮守社としての当神社のみがこの地に残り、「安井神社」後に「安井金比羅宮」と改称して現在に至っております。

八大力尊社の石造りの八体の御尊像は、詳細は不明ながら蓮華光院の柱を支えていた力石であったと伝えられております。

この度、その所縁を以て、大覚寺様に法会をお勤め頂きたくお願い申し上げました処ご快諾を賜り、神職と僧侶合同にて神事・法会を御奉仕することが叶いました。

 

当日は、宮司の祝詞奏上に引き続き、旧嵯峨御所大覚寺門跡黒沢全紹猊下をはじめ職衆の方々に「慶讃法会」をお勤めいただきました。

IMG_0697.jpg  IMG_0782.jpg  

 

お陰を以ちまして、恙なく荘厳に祭儀をご奉仕できました事、門跡猊下はじめ大覚寺の皆様、また氏子崇敬者の皆様に篤く御礼を申し上げます。

 

なお蓮華光院にあった「御影堂」は廃寺の折に大覚寺に移築され、現在も「安井堂」として残されております。

この度の御神縁・御仏縁により、皆様方には是非大覚寺様へもご参拝賜れば幸甚に存じます。

 

八大力尊社は、地盤固め、基礎固め、現在では基礎能力向上の御神徳・ご利益の神様、困難に負けないお力を授けて下さる神様として崇敬されております。

新しい御社となり、大神様もお慶びとなり御神威益々輝かしく、遍く御加護を頂けることと拝察しております。

 

秋季大祭終了

  • 2015/10/12

お陰様をもちまして、今月1日から始まりました「秋季金比羅大祭」は本日の納輦祭を以て全祭儀滞りなく御斎行申し上げました。

 

氏子の皆様には、斎竹建て、お飾りつけ、神賑わいのお餅つき、神幸渡御、そして片づけと連日の御奉仕、謹んで御礼を申し上げます。

また期間中、境内手狭なため御参拝の皆様には多々ご迷惑をお掛け致しました事、深くお詫び申し上げます。

 

昨日は、午前11時より「神幸祭」を斎行し、午後2時半より大神様が氏子町内をお渡りになる「神幸渡御」。

御鳳輦が拝殿にお戻りの後、午後4時から御神霊がご本殿にお帰りになる「還幸祭」が執り行われました。

心配されていた天候にも恵まれ、無事にご奉仕することができました。

 

皆様のご崇敬を受け御神威は弥増し、御神縁を以て大神様の恩頼(みたまのふゆ)をお受けになり、あらゆる悪縁が切れ、良縁に恵まれ皆様益々弥栄にお過ごしの程をお祈り申し上げます。

 

DSC05330.jpg 

 

尚、10月10日の「例祭」終了後、大覚寺門跡様の御奉仕を頂きまして「八大力尊社正遷座祭」を宮司以下祭員、門跡猊下以下職衆、神職と僧侶合同で執り行いました。

詳細は改めてご報告致したいと存じます。

 

 

 

 

 

秋祭り

  • 2015/10/01

本日から秋季金比羅大祭の期間に入りました。

 

早速、早朝より総代さんはじめ氏子の皆様にご奉仕頂き、「御斎竹神事(おいみだけしんじ)」が執り行われ、境内3カ所の鳥居に斎竹が建てられました。

 

DSC09923.JPG  DSC09928.JPG

 

なお本年の主な神事日程は下記の通りです。

9日 午前8時半 御出祭  御鳳輦・御神宝等御蔵出し

同日 午後8時 遷御祭  御霊遷し

10日 午前11時 例祭

11日 午前11時 神幸祭

同日 午後2時半 神幸渡御

同日 午後4時頃 還幸祭  御霊遷し

 

本年は春より進めて参りました「八大力尊社」の社殿建て替え工事の竣工に伴い、10日の例祭後、午前11時45分頃より「八大力尊社正遷座祭」を斎行致します。

この度は江戸時代まで当地にあった蓮華光院の所縁を以て、大覚寺様の御奉仕を賜り、神事と法会を合同で執り行います。

どうぞ皆様には特別の御神縁、御仏縁を以てご参列を頂きますようご案内申し上げます。 

 

 

 

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

最新の記事

おくれ先立つ
2017/03/21
好文木
2017/03/07
小正月
2017/01/15
瓦屋根
2016/11/30
半世紀
2016/10/24

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

検索

エントリー検索フォーム
キーワード