エントリー

2016年06月の記事は以下のとおりです。

称唯

  • 2016/06/29

明日は「夏越大祓」。半年間の罪穢れを祓う神事です。

既に境内には「茅の輪」が設けれれておりますので、明日中はご自由におくぐり頂けます。

DSC00013.JPG

昨年までと聊か異なる点がありますが、お分かりになりますでしょうか。

そうです。

石畳です。

 

処で、大祓式では「大祓詞」というお祓いの祝詞を「祓主」という役の神職が奏上します。

その途中で「称唯(いしょう)」といいまして、祓主以外の人が「ヲオ」と応答する作法があります。

当宮では、まず最初に「集侍(うごな)はれる諸人(もろびと) 諸々(もろもろ)聞食(きこしめ)せと宣(の)る」の後。

そして終盤の「祓(はら)ひ給(たま)ひ清(きよ)め給(たま)ふ事(こと)を 諸々(もろもろ)聞食(きこしめ)せと宣(の)る」の後にそれぞれ称唯します。

宮司が称唯しますので、その声にあわせてご参列の皆様も是非「ヲオ」とお声をお出し下さい。

 

なお一番最後に「神職(かんづかさ)人形(ひとがた)持(も)ち退出(まかりい)でて祓(はら)ひ却(や)れと宣(の)る」と奏上した後に、皆様の罪穢れが移された「人形」を境内の外に持って行く役の祭員一名のみが称唯しますので、この時、皆様はつられて「ヲオ」と言わないようご注意ください。

 

なお午後6時からの神事は、雨天の際は金比羅会館内の広間で行いますので、お含みおき下さいませ。

 

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

最新の記事

小正月
2017/01/15
瓦屋根
2016/11/30
半世紀
2016/10/24
御鳳輦
2016/10/07
小部屋
2016/10/05

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

検索

エントリー検索フォーム
キーワード