エントリー

水無月

  • 2013/06/29test

「水無月(みなづき)」は言わずと知れた6月の別名。

しかし京都ではお菓子の「水無月」を思い起こす人の方が多いのではないでしょうか。

夏越の大祓の明日6月30日、京都では和菓子の「水無月」を食べる慣わしです。

その昔旧暦6月1日は「氷の節句」と称し、宮中では冬に氷室に貯蔵しておいた氷を口にして、病気せず夏を無事に乗り越えることを祈る行事がありました。

庶民はこれに倣って、氷に見立てたお菓子を食べ、病気や夏痩せせず無事に過ごせるように祈りました。

DSC08712.JPG

 写真は、お茶席で出されております「水無月」と「お薄(おうす=御抹茶の薄茶)」。

「水無月」は、外郎の上に小豆がのっております。

三角形は氷をかたちどり、小豆は邪気を払うといわれております。

最近は抹茶や黒糖味など、いろいろな種類がありますが、やはり白色が基本です。

今日明日は丁度週末ですので金比羅会館内の茶室で、お茶の先生がお茶席を開いていらっしゃいます。

どうぞ御参拝の御縁にお茶席で「水無月」をお召し上がりになり、ご一服下さいませ。

 

 

 

ページ移動

ユーティリティ

最新の記事

清爽
2017/07/01
折り返し
2017/06/27
のどけからまし
2017/04/03
おくれ先立つ
2017/03/21
好文木
2017/03/07

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

検索

エントリー検索フォーム
キーワード