エントリー

危険木

  • 2015/11/04test

当宮のような狭い境内にも、鎮守の森とは云えないまでも大小様々な木々が茂っております。

一抱え二抱えもある大木も数本ありますが、庭木以外の境内の樹木は通常ほとんど剪定する事がありません。

当然木々は生きものですので、中には枯れ枝や腐った枝などが生じてしまいます。

それらが落下すれば大事故に繋がりかねません。

そのような枝や樹木を「危険木(きけんぼく)」といいます。

 

秋晴れの今日、造園屋さんが高所作業車で、危険木の剪定作業をしてくれたはります。

神社にとっ樹木はなくてはならない存在ですので、あくまで事故を未然に防ぐ為、危険な箇所のみを伐採してもらいます。

DSC09959.JPG

 

 

ページ移動

ユーティリティ

最新の記事

清爽
2017/07/01
折り返し
2017/06/27
のどけからまし
2017/04/03
おくれ先立つ
2017/03/21
好文木
2017/03/07

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

検索

エントリー検索フォーム
キーワード